小屋断熱の施工について

木造戸建住宅の多くは、天井の上に繊維系の断熱材を吹き込む小屋断熱方式が取られています。屋根に直接断熱する屋根断熱方式も普及していますが、改修工事では既存の断熱も最大限活用する為、小屋断熱を採用することが多いです。

種類としては「グラスウール」というガラスを原材料とした断熱材と「ロックウール」という鉱石を原材料とした断熱材を使用します。

施工前

既存の断熱材の多くは「グラスウール」です。断熱材は経年変化で縮んでいきますので、断熱材の吹き増しは断熱強化が見込めます。

施工後

小屋の断熱はロックウールを基本採用

断熱材の性能は密度で変わる為、種類の違いと性能の違いは必ずしもイコールではありませんが、小屋の断熱は、撥水性能のある「ロックウール」を基本採用しています。た、全体の厚さは30cm以上になる事を基準としています。断熱材には「防音」の効果もあり、二世帯住宅の防音対策で1階と2階の間に施工する提案も増えてきています。

断熱について詳しくお聞きなりたい方は、弊社のプランナーにも是非お気軽にお問い合わせください!

施工管理 マネージャー

小島 敏蔵

二級建築士 / 一級建築施工管理技士

Pocket
LINEで送る

コラム一覧