札幌で需要が過熱中!マンションリノベーションの費用について解説します。

札幌でマンション購入を検討中の方必見!マンションリノベーションの費用について学ぶ

コロナ禍のさなか、資材や不動産価格の上昇によりこの札幌においてもマンションのリノベーションが非常に過熱しております。中には首都圏からの移住者もちらほらおられますし、地方から札幌への移住も意外といらっしゃる印象です。

そんな中やはり多くの方が気になるのはご予算のこと。具体的に何にいくらくらいの費用がかかるのか、住み替えやリノベを検討をはじめたばかりの方にむけて、お話を進めさせていただきますのでよろしければお付き合いください。

リノベーションのイメージ
札幌市豊平区 マンションリノベーション「インダストリアル」スタイル

先ずは毎月の居住費用を基に予算を組み立てましょう。

私たちのおすすめの予算の考え方をお話しします。ズバリ、毎月の居住費用からの逆算で計画予算を立てること。具体的には

①毎月住居費として支払える無理のない金額を考えること。

これは人それぞれではありますが、多趣味の方はあまり多くの住居費は支払いたくないでしょうし、家族構成やお子様の有無・人数、レジャーや習い事などなど考えればきりがありませんが、現在の家賃+α程度であれば無理のない範囲といえると思います。

②住宅ローンは何歳までにしますか?

定年や年金支給年齢がどんどんと延びていますが、通常65歳頃にはローンが終了していたほうが良いと思います。リノベ後20年程度でもう一度リフォーム工事が必要でしょうという事も想定しておくべきです。

③マンションの場合、管理費・修繕積立費・駐車場費・その他町内会費や登記割増費など、支払いとは別に固定費がかかってきます。

これはローンが無くなった後もかかってきますので、勿論安いほうが良いのですが、反面その金額で不足していないのかどうかも調べることはできます。不足していると途中で上がったり、一時金を徴収されたりという事はあり得ます。おおむね世帯数の大きな団地的なマンションは固定費の効率がよく安い場合が多いです。

①②③を設定すれば、弊社資金計画表において、ザックリとした計画予算表を作成することが可能です。

実際は計画予算から、物件購入費+リノベ工事費+その他諸費用を割り振る流れとなります。これが逆算の計画予算立てとなります。

例)資金計画表
例)資金計画表

物件購入費とリノベ施工費とその他諸費用の合計額が上記計画予算ですから、それぞれ予算を振り分けていきます。

良く判らないけど、中古マンション+リノベ費用って実はそれほどお得じゃないんじゃないの?

と考える方ももちろん多くいらっしゃいます。以下、戸建版のコラムでも触れていますが、築浅であれば全面的な工事はしませんし、むしろ築古過ぎては新築並みに費用がかかる。

結論としては、残すものと残せないものを「程よい」ポイントで押さえないとメリットが少ない。つまりはリノベーション費用を抑えるためにはそういった目線での物件選びが大きく関係するのです。コスト減の最大の武器は「機能的に使えるものは使う」の精神です。

札幌市豊平区 マンションリノベーション「ナチュラルシック」スタイル

北王リノベーションが考える「程よい」は例えばこんな条件。マンション版の3条件

①素材物件の築年数は30~35年前後の「新耐震基準物件」がベスト。(一般的には)ほぼマストです。

・・・新耐震基準建物に瑕疵保険を付保することにより、住まい給付金や住宅ローン減税、登録免許税の減免などが受けられます。これが金銭面での最大のメリットともいえるでしょう。

→→これは法改正される予定です。新耐震基準という条件のみで適用となります。(今後の国会で関連税制法が成立することが前提となります。)反対に、控除率は低下いたします。

国交省プレス発表

②駅徒歩圏の物件、できれば徒歩10分以内がおすすめです。

・・・利便性の高い物件は購入時の費用は高くなるかもしれませんが、それはつまり万人にとって価値が高い不動産であるということです。将来にわたり一定の価値を維持しやすく、たとえば再度売却する時や相続・承継の際にメリットが大きいと思います。

③マンションといえども性能向上リノベーションを実施して快適性・省エネ性の改善は当たり前です。

・・・戸建と比べて、もともと光熱費を安く抑えやすいのがマンションです。とはいえ更に断熱性を強化したり、音問題への配慮、またカビなどで傷んでいる部分の補修や今後傷まないようにするための措置、建物を長く維持するための施工は行って当たり前と考えます。数多くあるマンションリノベの実績から、必要なことを優先的に実施し、コスパの良い省エネプランを提示します。特に見えないところへのこだわりと施工履歴の保存などは建築会社こそです。「健康で環境に配慮した建築を行う」ことは弊社の経営理念でもあります。

性能向上リノベーション

中古物件の人気が過熱!ライバルよりも先に物件を購入できるかどうかが勝負です。

いまや素材物件の購入+フルリノベは正直ものすごく多くの方が注目し、結果的に物件の争奪戦が当たり前になっております。

物件はライバルよりも先に購入意思を表明できなければ購入できません。

たとえば、物件購入の判断として事前にリノベ施工費がわかっているとすればより安心ですよね。

ここで弊社の「定額制リノベ」の見積スピードが武器といえるのではないでしょうか。

不動産物件資料があれば基本的には30分以内に(火曜日・水曜日・祝日の定休日を除きます)お見積りも可能です。

ある実例として

築28年、延べ床面積85.84m²の場合

定額基本工事:85.84 ㎡×  8.54万(㎡単価)=733万(税込)※ 

※実際の内容や諸条件などはスタッフへお尋ねください。

リノベーション費用・予算についてお気軽にご相談ください。

ご相談はリモート(ZOOM)でも可能です。遠方からの移住のかたも多数いらっしゃいます。もちろん弊社までご来場していただくこともできます。(移住リノベコラム)

換気はもちろん、シールド・アルコール除菌・空気清浄機もご準備いたしております。

無料相談はこちら(リモートをご希望の方も)

資料請求やリノベーション事例集も是非ご活用ください。

リノベーションモデルハウスの見学はこちら

定額制リノベモデルハウスをWEB内覧にて公開中

リノベーションプランナーマネージャー

佐々木 貴信

二級建築士 / 宅地建物取引士 / インテリアコーディネーター / 福祉住環境コーディネーター2級

Pocket
LINEで送る

コラム一覧