改修工事の注意点 クロスのパテ処理

マンションのお客様からクロスひび割れの相談を受けることがあります。その大半がコンクリート躯体に直接クロスを張っているケースです。今回の現場でも同じような症状が一部の天井で発生していました。

コンクリート躯体は他の下地(石膏ボード)に比べクロスを施工する際に水分を吸収する量が多く、特に張替の場合はその影響で裏紙と呼ばれる古いクロスの残りがうまく剥がれない問題が生じます。また、その影響で下地面が全体的に平滑ではない状況になっています。

そのような施工問題に対し、私たちはパテ施工を工夫する事で対応しています。限られた時間で十分な施工を確保できるよう乾燥させる方法や、施工後伸縮を減らすパテ調合を内装業者さんと打ち合わせしています。コークボンドという仕上げに使用する材料を下地にも使用する事で、ひび割れに対し効果を発揮します。

コンクリート(モルタル)表面は必ずひび割れが発生しますので、その影響を受けないよう下地処理を工夫し、少しでも良い品質を目指し現場で改良を進めています。

施工管理マネージャー

小島 敏蔵

二級建築士/ 一級建築施工管理技士

Pocket
LINEで送る

コラム一覧